1億円を目指す株式投資

健康に気を付けながら節約して投資する

下記のバナーを「押して」いただけますと気合が入ります^^

にほんブログ村 株ブログへ

注目度が上がっている銘柄をランキングしている「株速報」さん^^

注目銘柄

こちらも「ポチ」っとしていただけますでしょうか?

レーディングの変更で株価が下落した銘柄のその後を追ってみる

 

レーティングの影響で急落した株価はどのように動くのか検証してみた

 

レーディング

 

証券会社が勝手な思惑で適正な株価は「〇〇〇〇円」と提示するのがレーティングの真実です。

そもそもですが

 

適正な株価なんてありえない

 

と言いながら、当ブログでは「株価分析」をしていますが。。。株価は、短期、中期、長期で目線が変わるし、地合いでも変わっていくし、投資家目線でも変わる。そんなものに適正株価なんて決めつけていいのか。。。と、「株価分析」を出してる当ブログの管理人が吠えてみる。

 

さておきまして。

 

適当に提示されたレーティングなのですが、それに影響されて株価が大きく動くのです。特に、いい状態から悪い状態に変更になった時に株価が大きく下落する場合があります。

そこで、レーディングによって株価が大きく下落した場合に、その銘柄はどのような道筋を辿るのかというのが今回のブログのお題になります。

 

検証銘柄

 

今日は、2022年6月14日。レーティングが変更になり引き下げられて大きく下げた「日産化学」「住友倉庫」を取り上げます。

 

日産化学

 

 

同業他社よりもかなり値下がりしています。約2%ほど多く下落しているので、レーティングの影響があると思われます。

ここからどのように株価が変遷していくのかこうご期待

 

住友倉庫

 

同業他社よりも3%ほど下落率が大きいです。レーティングの影響を受けて下落していると思われます。